銅鑼《どら》の鳴《な》る音《ね》

翌朝《よくあさ》、銅鑼《どら》の鳴《な》る音《ね》に驚《おどろ》き目醒《めさ》めたのは八|時《じ》三十|分《ぷん》で、海上《かいじやう》の旭光《あさひ》は舷窓《げんさう》を透《たう》して鮮明《あざやか》に室内《しつない》を照《てら》して居《を》つた。船中《せんちゆう》八|時《じ》三十|分《ぷん》の銅鑼《どら》は通常《つうじやう》朝食《サツパー》の報知《しらせ》である。`『や、寢※[#「過」の「咼」に代えて「咼の左右対称」、56-7]《ねす》ぎたぞ。』と急《いそ》ぎ飛起《とびお》き、衣服《ゐふく》を更《あらた》め、櫛髮《くしけづり》を終《をは》つて、急足《いそぎあし》に食堂《しよくどう》へ出《で》て見《み》ると、壯麗《さうれい》なる食卓《しよくたく》の正面《しようめん》には船《ふね》の規則《きそく》として例《れい》のビール樽《だる》船長《せんちやう》は威儀《ゐぎ》を正《たゞ》して着席《ちやくせき》し、それより左右《さゆう》の兩側《りやうがわ》に、英《エイ》、佛《フツ》、獨《ドク》、露《ロ》、白《ハク》、伊等《イとう》各國《かくこく》の上等《じやうとう》船客《せんきやく》は何《いづ》れも美々《びゞ》しき服裝《ふくさう》して着席《ちやくせき》せる其中《そのなか》に交《まじ》つて、美《うる》はしき春枝夫人《はるえふじん》と可憐《かれん》の日出雄少年《ひでをせうねん》との姿《すがた》も見《み》えた。少年《せうねん》は私《わたくし》を見《み》るよりいと懷《なつ》かし氣《げ》に倚子《ゐす》から立《た》つて『おはよう。』とばかり可愛《かあい》らしき頭《かうべ》を垂《た》れた。『好朝《おはよう》。』と私《わたくし》も輕《かろ》く會釋《えしやく》して其《その》傍《かたはら》[#ルビの「かたはら」は底本では「からはら」]に進《すゝ》み寄《よ》り、何《なに》となく物淋《ものさび》し氣《げ》に見《み》えた春枝夫人《はるえふじん》に眼《まなこ》を轉《てん》じ`『夫人《おくさん》、昨夜《ゆふべ》は御安眠《ごあんみん》になりましたか。』

— posted by id at 05:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3176 sec.

http://aiko-aoyama.jp/