二つ三つ記臆《きおく》に留《とゞま》つて

事《こと》もない。たゞ二つ三つ記臆《きおく》に留《とゞま》つて居《を》るのは斯《かゝ》る平和《へいわ》の間《あひだ》にも不運《ふうん》の神《かみ》は此《この》船《ふね》の何處《いづこ》にか潜伏《ひそ》んで居《を》つたと見《み》え、船《ふね》のメシナ[#「メシナ」に二重傍線]海峽《かいけう》を出《いで》んとする時《とき》、一人《ひとり》の船客《せんきやく》は海中《かいちゆう》に身《み》を投《な》げて無殘《むざん》の最後《さいご》を遂《と》げた事《こと》と、下等船客《かとうせんきやく》の一《いち》支那人《シナじん》はまだ伊太利《イタリー》の領海《りやうかい》を離《はなれ》ぬ、頃《ころ》より苦《くる》しき病《やまひ》に犯《おか》されて遂《つひ》にカンデイア[#「カンデイア」に二重傍線]島《じま》とセリゴ[#「セリゴ」に二重傍線]島《じま》との間《あひだ》で死亡《しぼう》した爲《ため》に、海上《かいじやう》の規則《きそく》で船長《せんちやう》以下《いか》澤山《たくさん》の船員《せんゐん》が甲板《かんぱん》に集《あつま》つて英國《エイこく》の一|宣教師《せんけうし》の引導《いんだう》の下《もと》に其《その》死骸《しがい》をば海底《かいてい》に葬《はうむ》つてしまつた事《こと》と、是等《これら》は極《きは》めて悲慘《ひざん》な出來事《できごと》であるが、他《ほか》に愉快《ゆくわい》な事《こと》も二つ三つ無《な》いでもない。`何處《どこ》でも長《なが》い航海《かうかい》では船中《せんちゆう》の散鬱《うさばらし》にと、茶番《ちやばん》や演劇《えんげき》や舞踏《ぶたう》の催《もようし》がある。殊《こと》に歐洲《をうしう》と東洋《とうやう》との間《あひだ》は全世界《ぜんせかい》で最《もつと》も長《なが》い航路《かうろ》であれば斯《かゝ》る凖備《じゆんび》は一|層《そう》よく整《とゝな》つて居《を》る。此《この》弦月丸

— posted by id at 05:53 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3531 sec.

http://aiko-aoyama.jp/