海上《かいじやう》を眺《なが》めた

少年《せうねん》の聲《こゑ》に飛起《とびお》き海上《かいじやう》を眺《なが》めた私《わたくし》は叫《さけ》んだ。`『沙魚《ふか》の領海《りようかい》! 沙魚《ふか》の領海《りようかい》!』`沙魚《ふか》の領海《りようかい》とは隨分《ずゐぶん》奇妙《きめう》な名稱《めいしやう》だが、實...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:43 pm  

始終《しじう》食物《しよくもつ》の事《こと》

※[#「さんずい+氣」、第4水準2-79-6]車《きしや》の窓《まど》から投出《なげだ》した事《こと》などを懷想《くわいさう》して、つくづくと情《なさけ》なくなつて來《き》た。然《しか》し此《この》日《ひ》は、無論《むろん》空腹《くうふく》の儘《まゝ》に暮《く》れて、夜《よ》は夢《ゆめ》の間《ま》も...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:42 pm  

有名《いうめい》な驟雨《にわかあめ》

[#ルビの「おほぞら」は底本では「おほそら」]は、見《み》る/\内《うち》に西《にし》の方《かた》から曇《くも》つて來《き》て、熱帶地方《ねつたいちほう》で有名《いうめい》な驟雨《にわかあめ》が、車軸《しやぢく》を流《なが》すやうに降《ふ》つて來《き》た。海《うみ》の面《おもて》は瀧壺《たきつぼ》の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0833 sec.

http://aiko-aoyama.jp/