[ カテゴリー » 日 記 ]

手には風呂敷に包んだものを持っている

 わたくしは大方馴染の客であろうと思い、出ようか出まいかと、様子を窺《うかが》っていると、外の男は窓口から手を差入れ、猿をはずして扉《と》をあけて内《なか》へ入った。白っぽい浴衣《ゆかた》に兵児《へこ》帯をしめ、田舎臭い円顔に口髯《くちひげ》を生《はや》した年は五十ばかり。手には風呂敷に包んだものを...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:45 pm  

一|筆《ふで》申上まいらせ候

[#ここから1字下げ]一|筆《ふで》申上まいらせ候。その後は御ぶさた致し候て、何とも申わけ無之《これなく》御免下されたく候。私事これまでの住居《すまい》誠に手ぜまに付この中《じゅう》右のところへしき[#「しき」に白丸傍点]移り候まま御《おん》知らせ申上候。まことにまことに申上かね候え共、少々お目も...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:44 pm  

検査場《けんさば》のすぐ手前

「検査場《けんさば》のすぐ手前よ。」「それじゃ公設市場の方だろう。」「あなた。方々歩くと見えて、よく知ってるんだねえ。浮気者。」「痛い。そう邪慳《じゃけん》にするもんじゃない。出世前の身体《からだ》だよ。」「じゃ頼むわよ。あんまり待たせるようだったら帰って来るわ。」「お前待ち待ち蚊帳の外…...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:43 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0164 sec.

http://aiko-aoyama.jp/