わたくしがふと心易くなった溝際の家

 わたくしがふと心易くなった溝際の家……お雪という女の住む家が、この土地では大正開拓期の盛時を想起《おもいおこ》させる一隅に在ったのも、わたくしの如き時運に取り残された身には、何やら深い因縁があったように思われる。其家は大正道路から唯《と》ある路地に入り、汚れた幟《のぼり》の立っている伏見稲荷の前を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:41 pm  

東武電車

 此《ここ》に於てわたくしの憂慮するところは、この町の附近、若《も》しくは東武電車の中などで、文学者と新聞記者とに出会わぬようにする事だけである。この他《た》の人達には何処で会おうと、後をつけられようと、一向に差閊《さしつかえ》はない。謹厳な人達からは年少の頃から見限られた身である。親類の子供もわた...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:40 pm  

勘定の持逃げ

「居続したお客は何だった。泥棒か。」「呉服屋さんだったわ。とうとう店の檀那《だんな》が来て連れて行ったわ。」「勘定の持逃げだね。」「そうでしょう。」「おれは大丈夫だよ。其方《そのほう》は。」と言ったが、女はどちらでも構わないという顔をして聞返しもしなかった。 然しわたくしの職業については、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:39 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0098 sec.

http://aiko-aoyama.jp/