東武電車

 此《ここ》に於てわたくしの憂慮するところは、この町の附近、若《も》しくは東武電車の中などで、文学者と新聞記者とに出会わぬようにする事だけである。この他《た》の人達には何処で会おうと、後をつけられようと、一向に差閊《さしつかえ》はない。謹厳な人達からは年少の頃から見限られた身である。親類の子供もわた...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:40 pm  

勘定の持逃げ

「居続したお客は何だった。泥棒か。」「呉服屋さんだったわ。とうとう店の檀那《だんな》が来て連れて行ったわ。」「勘定の持逃げだね。」「そうでしょう。」「おれは大丈夫だよ。其方《そのほう》は。」と言ったが、女はどちらでも構わないという顔をして聞返しもしなかった。 然しわたくしの職業については、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:39 pm  

先儒の文

長堤蜿蜒。経[#二]三囲祠[#一]稍成[#二]彎状[#一]。至[#二]長命寺[#一]。一折為[#二]桜樹最多処[#一]。寛永中徳川大猷公放[#二]鷹於此[#一]。会腹痛。飲[#二]寺井[#一]而癒。曰。是長命水也。因名[#二]其井[#一]。並及[#二]寺号[#一]。後有[#二]芭蕉居士賞[#レ]雪佳...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:38 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0116 sec.

http://aiko-aoyama.jp/