わたし父の商売

「さア、やっぱり都会のあこがれだと思うんだが、そうじゃないのか。」「それも無論そうだけれど、それよりか、わたし父の商売が、とてもいやだったの。」「何だね。」「親分とか侠客《きょうかく》とかいうんでしょう。とにかく暴力団……。」とすみ子は声を低くした。

[#8字下げ]五[#「五」は中見出し]...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:38 pm  

乱暴でも何でもかまわない

「わたし。此処《ここ》に寝るわ。お隣りの君ちゃんのとこへ行ってもいいのよ。彼氏が来ていなければ。」「あんたの処《とこ》は誰も来ないのか。」「ええ。今のところ。だから構わないのよ。だけれど、先生を誘惑してもわるいでしょう。」 種田は笑いたいような、情ないような一種妙な顔をしたまま何とも言わない。...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:37 pm  

二階へ持って行きます

「二階へ持って行きます。目につくから。」とすみ子は自分のスリッパーを男にはかせ、その下駄を手にさげて正面の階段を先に立って上る。 外側の壁や窓は西洋風に見えるが、内《なか》は柱の細い日本造りで、ぎしぎし音のする階段を上りきった廊下の角に炊事場があって、シュミイズ一枚の女が、断髪を振乱したまま薬鑵《...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:36 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0119 sec.

http://aiko-aoyama.jp/