わたしの年は水商売には向くんだ

「わたしの年は水商売には向くんだとさ。だけれど行先の事はわからないわ。ネエ。」 じっと顔を見詰められたので、わたくしは再び妙に不安な心持がした。まさかとは思うものの、何だか奥歯に物の挾《はさ》まっているような心持がして、此度《こんど》はわたくしの方が空の方へでも顔を外向《そむ》けたくなった。 表...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:49 pm  

ほんとの年はわからない

「お父さん。六十なの。まだ御丈夫。」 お雪はしげしげとわたくしの顔を見て、「あなた。まだ四十にゃならないね。三十七か八かしら。」「おれはお妾《めかけ》さんに出来た子だから、ほんとの年はわからない。」「四十にしても若いね。髪の毛なんぞそうは思えないわ。」「明治三十一年|生《うまれ》だね。四十だ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:48 pm  

窓口に坐っている女の顔

 上って来たお雪はすぐ窓のある三畳の方へ行って、染模様の剥《は》げたカーテンを片寄せ、「此方《こっち》へおいでよ。いい風だ。アラまた光ってる。」「さっきより幾らか涼しくなったな、成程いい風だ。」 窓のすぐ下は日蔽《ひおい》の葭簀《よしず》に遮《さえぎ》られているが、溝の向側に並んだ家の二階と、窓...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 03:47 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0121 sec.

http://aiko-aoyama.jp/